井口四丁目町内会規約


改正16.5. 8
改正17.4.16
改正18.4.14

第一章 総則

第1条  本会は広島市西区井口四丁目町内会と称し、会員は井口四丁目に居住する者とする。
第2条  本会は広島市西区役所と連携して、自主的に、町内諸般の業務にあたり、
      町民の安寧と福利の増進を図ることを目的とする。
第3条  本会は事務所を、井口四丁目集会所に置く。
第4条  本会は第2条の目的を達成するために、次の業務を行なう。
       1.町民の文化的向上に関すること
       2.町民の福祉増進に関すること
       3.衛生に関すること
       4.その他必要なこと

第二章 役員

第5条  本会には次の役員を置く。
      会長1名、副会長7名、会計1名、監事1名、幹事若干名、体育委員1名、組長(各組1名)
第6条  会長は本会を代表し、会務を総理する。
      副会長は会長を補佐し、会長に事故かあったときは、これに代わる
第7条  会長、副会長、会計、及び監事は、会員から選任する。但し副会長は地区を考慮する。
      会計は会計事務を担当する。
      監事は毎年度1回事務の監査をする。但し、必要に応じて適宜行なうことができる。
      体育委員は体育行事を担当する。
第8条  本会には顧問、相談役をおくことができる。
      顧問、相談役は会長の推薦をもとに、幹部会で決定する。
第9条  役員の任期は2年とし、4年を限度とする。
      役員交代にあたっては、現組長、前組長をもって協議する。
      組長の任期は、1年とする。補充役員の任期は、前任者の残任期間とする。

第三章 会議

第10条  会議は、総会・役員総会・幹部会の三種とする。
      1.総会は、年1回定例会を開く。但し、必要あるときは、随時これを開くことかできる。
      2.役員総会は役員全体で構成し総会に代えて機能させることができる。
      3.役員総会は、総会のあと開催し、町内会費の徴収など決められた業務を、
        円滑に遂行できるように協議する。
       4.幹部会は、会長・副会長・会計をもって構成する。
      5.幹部会は、年2回定例会を開くほか、必要がある場合は随時開催し、
        次の事項を討議し町民にその決定事項を告知する。
          @決算報告
          A会務報告
          Bその他、必要な事項

第四章 資金及び会計

第11条  本会の経費は、会費、寄付金および助成金をもって充てる。
       会費は一世帯につき月額200円(但し、単身者は月額100円:学生50円)とする。
第12条  本会の資産管理の方法は、幹部会の議を経て、会長が決定する。
       資産の処分については、役員総会の決議に従って、会長が処分を行なう。
第13条  本会には、次の簿冊を備える。
          @会員名簿(役員名簿)
          A議事録
          B備品台帳
          C庶務関係書類
          D金銭出納簿
          E証拠書類
第14条  本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
第15条  本規約の施行上必要があるときは、幹部会の議を経て細則を設けることができる。


付 則
・ 本規約の改正は、役員総会の同意を要する。
・ 本規約は、昭和32年6月6日よりこれを施行する。

町内会規約【細則】



改正18.4.14

第1条(趣旨)この細則は、井口四丁目町内会規約第15条に基づいて制定する。
第2条(改廃)この細則は、役員総会出席者の過半数の賛同で改正することができる。
第3条(町内会組織の理念)
     本町内会の組織は、民主・平等・公平の理念に基づき、全町民の互助と互敬および責任分担の
     気持ちにより運営される。
第4条(役員)
   1.役員の選任方法
     役員の選任は、立候補者を優先し、立候補がない場合は次のとおりとする。
     ア.組長  組長の選任は、各組の慣習に従い、留任再任を妨げない。
     イ.副組長 役員ではないが、組長不在時の代行者として副組長を選任する。
          選任方法は組長に準ずる。
     ウ.副会長 地区担当副会長は、当該地区の合議で各地区から1名を推薦し、
      総会の承認を得て選任する。
      何らかの事由で、副会長が欠ける場合は、地区組長のうちの1名が副会長を代行する。
      この場合当該組長の仕事は副組長が行う
          ・総務担当副会長は、会長の委嘱で選任する。
          ・副会長の補佐として、幹事をおくことができる。
     エ.会長  会長は副会長の合議、推薦により、総会の承認を得て選任する。
     オ.その他の役員
          会計・監事・体育委員は幹部会の合議を経て会長が委嘱する。
   2.兼務の禁止
      役員は、当町内会の2以上の役職を兼任しない。但し任期途中に交代が必要になった際の、
      選任中役員による代役兼務は、その限りではない。
3.役員の任期
・ 組長の任期は1年とし、留任再任を妨げない。但し、高齢者で、健康上任務遂行が困難と判断された人の選任を見送ることができる。また、転入後間もない人の選任を組内の合意で先送りすることができる。
・ 役員(組長を除く)の任期は2年とし、留任再任を妨げない。
但し、4年を超える留任再任は認めない(発効初年度は除く)
・ 副会長交代にあたっては、半数以上が留任するよう配慮する。
・ 補充役員の任期は、前任者の残任期間とする。