地域安全パトロール

 町内に犯罪が起こらないような風土を作ろうという運動の一環として、町民有志が毎月1回夕方六時から、二班に分かれて町内全域をパトロールしています。 現在パトロール隊の登録メンバーは20名で、毎回ほぼ全員が参加して、熱心な地域パトロールを展開しています。

 この写真は、2008年2月12日に寒い雪の中を隊員が集い、パトロールしている様子を撮ったものです。 暗くてよく見えないかもしれませんが、活動の一端をお伝えできればと思います。

  

井口四丁目地域安全パトロール隊運営要領

 


1.目 的
 「自分たちの町は自分たちで守る」と云う意識のもとに「減らそう犯罪町民総ぐるみ運動」を実施し、犯罪を未然に防止して、安全で住みよい町づくりを目指し活動する。

2.名 称
 「井ロ四丁目地域安全パトロール隊」という。

3.組 織
  (a)隊 長    井ロ四丁目町内会長が就任する。
  (b)副隊長    井ロ四丁目町内会の防犯担当が就任する。
  (c)隊員     町内会等諸団体の役員、公募による参加者とする。
  (d)パトロール実施、案内は副隊長が行う。
  パトロールの順路を決め西警察.井口交番に連絡する。
  
必要に応じて副隊長の代行を置く事が出来る。

4.活動内容
  (a) パトロールの活動範囲井口四丁目全域とし、月1回のパトロールを行い、
      犯罪防止を図るものとする。 パトロールは所定のユニホームを着用か、腕章をつける。
  (b) パトロールは定期的に行う
     毎月第2火曜日とし、集合場所・パトロールコース・解散場所は、その都度決め、
      実施より10日前までに隊員に知らす。
     悪天候(雨天.台風他)の場合は、随時延期して行う。
  (c)パトロールの指導
     パトロールコース、指導事項の説明及び順路の注意をする。
  (d)パトロールの報告
     副隊長は、パトロール終了後、指定の報告用紙に記入して隊長に報告する。

5.パトロールで行う主な活動
  (a)乗り物等の施錠の指導(車上荒らし等の防止)
  (b)ひったくり防止の指導
     ア)自転車の荷物カゴの盗難防止(ネット着用)及び無灯火注意
     イ)歩行者のバッグの持ち方
     ウ)街灯の球切れチェック、可燃物の放置注意

6.市民活動保険の適用
  (a)当 運営要領書及び名簿を作成する。
   (事故の原因や状況によるもの、又保険期問中の限度額により支払われない場合がある)